★最新News★ ニューアルバム「The Sounds of Hollow」  iTunes Storeにて発売開始!!!




3歳から12歳までアメリカのカリフォルニア州で育つ。5歳からピアノを習い始め、小・中学校時代にはヴァイオリンも習い、地元の学生オーケストラに所属する。日本帰国後、キーボーディストとしてバンド活動を始め、大学進学後、作曲・編曲に興味を持ち、シンセやパソコンを使用しての電子音楽作りに没頭する。
大学卒業後、映画監督である園田新と映画プロデューサーの森英博と共にFocus Infinity Productionというクリエイティブユニットを設立し、数本の短編映画とミュージックビデオを制作する。
自身はELECTROWERXという名義で2003年から音楽活動を行っており、ライブ活動やCDの自主製作、映画音楽やテレビ番組用の楽曲提供などを行っている。

曲の試聴はこちらから



2007.10.06
1st full album
"The Sounds of Hollow"

FIP-002/STEREO
iTunes Storeにて発売中!!
ELECTROWERX - The Sounds of Hollow


2004.01.07
1st mini album
"electrowerx"

FIP-001/STEREO
iTunes Storeにて発売中!!
ELECTROWERX - electrowerx
渋谷で上映することの真の意味
d0129550_216577.jpg
渋谷ユーロスペースでの「Wiz/Out」の上映も残りわずか6回となってしまった。ついこの前まで公開まであと一ヶ月とか言ってたのにね。時間というのはあっという間に過ぎていくもんです。

そして渋谷で上映することの真の意味がようやく公開してからわかった。

公開前まではメインの舞台が渋谷だからという単純な理由だけだと思ってたんだけど、実はもう少し奥が深くて、駅からユーロスペースまではスクランブル交差点を渡って行かなければいけなくて人でめちゃくちゃ混んでる。で、映画を観るとそこには無人の渋谷の姿が映ってて、今まさに自分が通ってきた場所が空っぽになってる。そして映画を観終わってまた駅に戻る際に、さっきまで映画の中で無人だった場所が人で溢れかえっている。映画を観る前と後が現実で「Wiz/Out」自体が虚構の世界であるということに気づく。「Wiz/Out」の中にも現実と虚構の世界が存在し、渋谷という場所で「Wiz/Out」を観ること自体で現実と虚構の世界を自ら体験することができる。

これは公開後でないと気付かないね。自分が体験してみて初めてわかったことだからね。駅までの帰り道はほんといつも不思議な感覚にとらわれるよ。

「Wiz/Out」も今後どういうかたちでみなさんのもとに届くかは今のところ未定なので、今確実にこのような体験ができるのは10月26日(金)まで。渋谷ユーロスペースという場所で「Wiz/Out」を観ること。これしかない。

まだ観てない方、そろそろ観ようかなと思ってる方、もう既に観てる方。
あと残り6回です。「現実と虚構の境界線」を体験することをオススメします。

http://www.focus-infinity.com/wizout/
[PR]
by electrowerx | 2007-10-21 02:17 | Wiz/Out
<< Private Eyes 全曲完成! >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
LINKS
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧